ESTAの確認と7つの申請状況 2020年最新

ESTAの確認と7つの申請状況 2019年最新

アメリカへ渡航する前にESTAの申請状況を確認することは大切な手続きです。
このページでは、ESTAの申請状況や申告内容を確認するプロセスやその結果として表示される7つのESTA申請状況について解説します。

1.ESTA確認のプロセス

以下のプロセスでESTA申請状況の確認をします。

1-1.ESTA申請サイトにアクセスする

アメリカESTA公式申請サイトはこちら

まず最初に、ESTA申請サイトにアクセスし「CONTINUE EXISTING APPLICATION」ボタンをクリックします。

エスタ申請サイトへアクセスする
1-1.エスタ申請サイトへアクセスする

1-2.「Individual Application個人申請」または「Group of Applicationsグループ申請」の選択

エスタの確認手続きである「CONTINUE EXISTING APPLICATION」ボタンをクリックすると、プルダウンメニュー「Individual Application個人申請」または「Group of Applicationsグループ申請」の選択ができます。
このページでは「Individual Application個人申請」にてESTAの申請状況を確認していきます。
※前回のESTA申請でグループ申請した場合でも「Individual Application個人申請」で確認できます。

「Individual Application個人申請」または「Group of Applicationsグループ申請」の選択
1-2.「Individual Application個人申請」または「Group of Applicationsグループ申請」を選択する

1-3.「Confirm & Continue 確認と続行」を選択する

「Individual Application個人申請」ボタンをクリックすると、「SECURITY NOTIFICATIONセキュリティに関する通告」ダイアログが表示されるので、「Confirm & Continue 確認と続行」ボタンをクリックします。

1-3.「Confirm & Continue 確認と続行」を選択する
1-3.「Confirm & Continue 確認と続行」を選択する

1-4.ESTA申請状況 確認のための入力手順

1-4-1.ESTAの申請番号がわかる場合

前回ESTAを申請した時の16桁の申請番号がわかっている場合は、下記入力順で検索します。

ESTA確認-申請番号がわかる場合の入力手順
ESTA確認-申請番号がわかる場合の入力手順
  • ①パスポート番号
  • ②生年月日
  • ③申請番号 ※アルファベット数次混在の16桁の番号
  • ④申請の検索」ボタンクリック
1-4-2.ESTAの申請番号がわからない場合

一方、前回の申請番号がわからない場合は、パスポート番号、生年月日、市民権(国籍)、パスポートの発行日、パスポートの有効期限(有効期間満了日)を入力し、「申請の検索」ボタンをクリックします。

ESTA確認-申請番号がわからない場合の入力手順
ESTA確認-申請番号がわからない場合の入力手順
  • ①パスポート番号
  • ②生年月日
  • ③国籍
  • ④パスポート発行年月日
  • ⑤パスポート有効期間満了日
  • ⑥申請の検索」ボタンクリック

2.ESTAの7つある申請状況とそれぞれの対処方法

ESTAの申請状況は、以下7つのステータスで表示されます。
この画面で、ESTAが今どのような状況なのか、最新のESTA申請状況を確認することができます。

2-1.ESTA 認証は承認されました

以下のような画面が表示されたら、ESTAは承認されています。
ここでは、ESTAが承認された申請者のパスポート番号やESTAの有効期限などを確認することができます。
ESTA有効期限内であれば渡米することができます。
ただし、一度承認されても審査は継続してますから、アメリカ渡航前にESTA状況を再確認することは大切な手続きとなりますので、お忘れなく・・・

ESTAの申請状況1 ESTA 認証は承認されました
ESTAの申請状況1 ESTA 認証は承認されました

ESTAについて詳しく学ぶ
ESTAとは

2-2.ESTA 認証は保留中です

ESTA 保留中とは

ESTA 保留中は、「ESTAが現在審査中」であることを意味します。
アメリカ政府では、ESTA申請者の申告内容に基づき、ESTA申請者がビザ免除プログラムによるアメリカ渡航ができるかどうかを審査しています。
この保留の状態で再度申請をしようとしてもシステム上はじかれてしまいます。
保留中の再申請の試みは「時間と労力の無駄」ですから、審査結果がでるまで静かに待ちましょう。

ESTAの保留時間

ESTAの保留時間は、審査開始(申請料支払い完了)から審査結果が出るまでの時間です。
申請者個人の背景や申告の仕方、時期によってもばらつきがありますが、30分~72時間以内に審査結果がでます。
最近のESTA保留時間計測では、平均2時間ほどとなっています。(2019年9月。弊社調べ)
ただし、予告ありなしに関わらず実施されるESTAサイトのメンテナンスやアメリカ政府機関の閉鎖状態などの理由により、72時間を超えることもしばしばあります。

ESTA申請は交通・宿泊予約購入前に手続きすべきである

弊社では、申請者のやむを得ない事由を除き、ESTA申請はアメリカ絡みの航空・船舶、宿泊施設、ツアーなどの予約購入前に手続きを完了しておくことをお勧めしています。
この順番が逆になると、取消料や違約料など余計な出費のリスクを抱え込むことになります。

ESTAの申請状況2 ESTA 認証は保留中です(審査中の意)
ESTAの申請状況2 ESTA 認証は保留中です(審査中の意)

2-3.ESTA 渡航は承認されませんでした

残念ながらアメリカビザ免除プログラムでは渡米することできません。
アメリカ大使館や領事館でビザを申請し、取得できれば渡米することができます。
ESTA認証拒否に心当たりがない場合は、下記ページをご覧ください。
弊社公式サイト
ESTA 渡航は承認されませんでした

ESTAの申請状況3 ESTA 認証は承認されませんでした
ESTAの申請状況3 ESTA 認証は承認されませんでした

2-4.ESTA 該当する申請が見つかりませんでした

未申請の状態です。
ESTAを再度申請します。
ESTA申請代行のお申込みは下記ページから
ESTA申請代行ボタン

ESTA申請状況4 ESTA 該当する申請が見つかりませんでした
ESTA申請状況4 ESTA 該当する申請が見つかりませんでした

2-5.ESTA 申請の有効期限が切れています

過去に承認されていたESTAの有効期限が切れている状態です。
ESTAを再度申請します。
ESTA申請代行のお申込みは下記ページから
ESTA申請代行ボタン

ESTA申請状況5 ESTA 申請の有効期限が切れています
ESTA申請状況5 ESTA 申請の有効期限が切れています

2-6.ESTA 今すぐ支払い手続きを行い、申請を完了する

ESTAの申告内容の入力を完了しているが、申請料の支払いができていない状況です。
申請料を支払い、審査の俎上に乗せましょう。

ESTA申請状況6 ESTA 今すぐ支払い手続きを行い、申請を完了する
ESTA申請状況6 ESTA 今すぐ支払い手続きを行い、申請を完了する

2-7.ESTA 現時点で支払い状況の確定ができません。後ほど改めて支払い状況を確認してください

ESTA申請料支払いプロセスの途中で、申請しているブラウザを遮断したり、誤操作すると、申請料の支払いができない状態が数時間に及ぶことがあります。
また、支払いのため登録したクレジットカードが使えなかった場合にも、このような状態になることがあります。
この間、ESTAの審査は行われません。
この状態が解除されると、上記「4-6.今すぐ支払い手続きを行い、申請を完了する」へ進むことができます。

ESTA申請状況7 ESTA 支払い保留
ESTA申請状況7 ESTA 支払い保留

3.ESTA 申告内容の情報更新

3-1.ESTAの情報更新 手順1

上記1により検出されたESTAの状況画面の「情報の更新」をクリックします。

ESTA 情報の更新 手順1
ESTA 情報の更新 手順1

3-2.ESTAの情報更新 手順2

承認されたESTAの申告内容で変更できるのは、

  1. 電子メールアドレス
  2. 米国滞在中の住所

この2つのみです。
ESTAの有効期間中にパスポートを再取得したり、婚姻状況の変化によりパスポート記載事項の訂正をした場合は、ESTAを再申請する必要があります。

ESTA 情報の更新 手順2
ESTA 情報の更新 手順2

4.ESTA 申告内容を確認する

4-1.申告内容の確認 手順1

上記1により検出されたESTAの状況画面の「確認する」をクリックします。

ESTA 申告内容の確認 手順1
ESTA 申告内容の確認 手順1

4-2.申告内容の確認 手順2

入力したすべての申告内容を確認することができます。

ESTA 申告内容の確認 手順2
ESTA 申告内容の確認 手順2

5.まとめ

5-1.ESTAの確認は、ESTA公式サイトで3段階のプロセスにより手続きします。

5-2.ESTAの申請状況には7つあり、上記2-1.「ESTA 認証は承認されました」以外は、アメリカへ渡航することができません。

5-3.上記2-3.申請状況「ESTA 渡航は承認されませんでした」は、ESTAでのアメリカ渡航ができないため、アメリカビザを申請/承認を得たのち、アメリカへ渡航します。

5-4.既に申請したESTAの申告内容を更新(変更)できるのはeメールアドレスとアメリカ滞在中の住所だけであり、他の申告内容を変更するにはESTAの再申請が必要になります。

5-5.ESTAの申告内容は後日確認することができます。

6.アメリカESTA申請やアメリカB1商用B2観光ビザのお申込み詳細は下記ページで確認してください。

6-1.アメリカESTA 実費消費税込3,828円~!

ESTA申請代行のお申込みは下記ページから
ESTA申請代行ボタン

6-2.アメリカB1商用B2観光ビザ申請 実費消費税込38,500円~!

アメリカB1商用B2観光ビザ申請のお申込み詳細は下記ページで確認してください。
アメリカB1B2ビザ申請