ESTA申請手続きでの注意事項、免責事項について

ESTAアメリカ電子渡航認証(以下、ESTA)申請を手続きするにあたり、下記事項をご一読いただき、ご同意いただいたうえでお申し込みいただけますようお願い申し上げます。

  1. ESTA申請は、ご入力いただきましたお申し込み内容にしたがって申請いたします。
  2. お申し込みは、渡航者ご本人が手続きしてください。渡航者ご本人のお申し込みが困難で代理の方がお申込みいただく場合は、委任状をご提示いただく場合がございます。
  3. 未成年の方がお申し込みいただく場合は、お申し込みの前に、親権者の方の同意書が必要です。または、親権者の方が代理してお申し込みください。
  4. お申し込み内容について、誤りがあったり、入力漏れ、または、申請自体取りやめるなどございましたら、ご入金前までその旨ご連絡ください。
  5. 当社では、お客様の故意または過失に関わらず、eメールアドレス入力間違いによる不達や端末機受信設定による当社からのメール受信拒否、電話による確認ができない、または、確認事項の放置、不作為、遅延行為など、申請手続きを進める上で重大な問題があると判断した場合は、申請手続きを取消しすることがあります。その際、既に収受している手数料がある場合は、取消料に充当し返金することはできません。
  6. お申し込み内容に誤りがあった状態で認証を取得したり、また、その誤りが原因で取得できなかった場合でも、当社では一切の責任を負いかねます。
  7. 当社では、上記の誤ったお申し込み内容の訂正や正しい情報での再申請を申し受ける場合、新たにESTA申請手数料を申し受けます。
  8. ESTAが承認されましたら、その内容をeメールやファックスなどの通信手段によりすみやかに通知いたします。
  9. ESTAは、アメリカ政府が、アメリカに入国しようとするVWP対象国籍渡航者に対して、前もって渡航認証を申請しておくよう義務づけたものです。いわゆる、アメリカ渡航の「前準備」手続きにすぎず、アメリカ入国を100%保証するものではありません。
    アメリカ入国の判断は、アメリカ入国審査官(CBP税関国境警備局)に委ねられています。
  10. 申請手数料は、1渡航者につき、1手続きごとに申し受けます。申請手数料は成功報酬ではありません。アメリカ国土安全保障省DHSサイト側のオンラインシステム障害や渡航者の個人的な事由などにより、万が一、認証を拒否されたり、認証承認が遅延し予定出発に間に合わなかった場合であっても、申請手数料は返金できませんので、予めご了承ください。
  11. 緊急を要する申請では、その緊急性に応じ、緊急手数料3,000円~10,000円の範囲で、通常の申請手数料に加算し請求する場合がございます。ただし、ESTA申請が必ず承認されることを前提としたものではありませんし、また、予定申請日時までに間に合わなかった場合でも、当社では一切の責任を負いかねますので、予めご了承の上でお申し込みください。
  12. ESTA申請では、その承認の可否に関わらず、当社に対し、損害賠償請求権の行使や類似した一切の請求を行わないことを同意した上でこのサービスをご利用ください。
  13. 当サイトの閲覧者が、このサイトの情報により、何らかの不利益を被ったとしても当社ではその責を負いかねます。
サンディエゴ画像

サンディエゴ